ガスパンってひそかなブームらしい。

ガスパンって聞いて何のことだろうと思っていたら、おならをした時にニオイを吸収してくれるパンツだそうです(;´・ω・)

なんだよそれ、、、って思ってしまった。

だけど、これが人気らしいです。売れているのか。。バカなものを買う人もいるもんだ。だけど売れているっていうのだからそれなりに効果はあるんでしょうね。

パンツの生地が臭いを吸収する糸で編み込んでいるから、おならの空気がその生地を通るときにちゃんと臭いが出ないようになっているんだって。そんなパンツが売れる時代なんだね。

というか、どんな年代が買うのか?年輩だろうなぁそんなの買うのって。

 

旦那のファッションセンスを直したいのですが…

私の夫の話ですが、どうもファッションに妙なこだわりがあるようです。
と言っても、お洒落なわけではなく、ブランドにこだわりがあるわけでもありません。着こなしに気を遣っているわけでもなく、スーツ以外の服はユニクロなどで購入したものがほとんどです。一般的な感覚からすれば、むしろ「ダサい」寄りの人だと思います。

それなのに「こだわりがある」というのはおかしいかもしれませんが、まず自分の着る服は、必ず自分で見て買わないと気が済みません。それから、気に入ったものでないと、すぐに着なくなってしまうのです。

例えば私が外出先で「これ夫によさそう」と思って背が低い 服 男物を買ってきたとします。すると、とりあえずお礼は言ってくれますが、それがどんなものであってもまず着ないのです。「自分で買ったものでないと、その服があることを忘れてしまう」と言っていますが…。

逆に、気に入ったものは何度も、いつまでも着ています。そんなわけですから、数着のお気に入りの服をかなり長期間着まわすことになっています。一生ものの質のいい服、とかならわかるのですが、別によいものでもなんでもありません。
安物なんだから、ちょっとヘタレてきたら買いかえればいいのに、と時々言ってはいたのですが、「まだ着られるし」と言って流されてしまいます。二千円ほどで買った何の変哲もないパーカーを、もう六年は着続けていたり…。
もうここまでくると、何だか感心してしまいます。

最近では私も無駄だと悟って、夫の私服については何も言わなくなりました。仕事中のスーツだけ見苦しくなければいいかな、という感じです。
たまにはお洒落なところがみたいなー、と思わないわけでもないんですけどね。

 

モラルやルール

社会人になるといろんなモラルが問われます。
大人としては当然のことですが、知らないと社会人になって恥ずかしいことになります。私もよく会社の先輩にそんなことも知らないのか?なんておちょくられたものです。
若いころの苦い思い出です。
この前、本屋さんで社会人の心得的な本を見つけて読んでいます。
こういう本って社会人になる前に遊んでないで熟読しておくべきでした(;^ω^)